無期懲役・・・私はこう思う。

昨日のニュース番組は

「光市母子殺害差し戻し審」の話題で持ちきりでしたね。

私も興味深く、見てました。


月日は9年も経ち、少年だった被告は27歳に。

私はこの事実にも、複雑な気持ちになる

変な話だけど

私と被告、同い年なんだ

いい大人(もういい歳)  になったんだよね。

でも、9年を社会に出て生活してきた者と、

9年を刑務所で過ごした者、差はきっと有るんだよね

裁判が続いている中、教育はされるんだろうか?


私だって未熟なりに、一般常識や自分なりの正義感って

周りにいるいろんな人から学んできたものだし

閉鎖的な空間にいたと思われる被告に

この9年の間で、自分の犯した罪の重さ、世間への影響について

きちんと指導って言うものはされるんだろうか?



そんなことが気になっていた

そして、


争点だった「無期懲役」「死刑」


恥ずかしいけど、

私、ちゃんと「無期懲役」という刑を理解していなくて

期限がないので障害、刑に服す ようなニュアンスを持っていて、

簡単に死刑にして、”死んで終わり”みたいなことよりも

”生きる”という重さ、辛さをとことん味わって

苦しんで悩んで生涯を終わる方が

命の尊さを体で理解できるんではないか

と考えていた


でも、違ってた。


過去の少年犯罪の例を検索すると

無期懲役でも5・6年で出所してる例があったり

犯罪の内容は、今回の事件よりもずっと凄惨だ

さらに、その出所した犯人は再犯しているという・・・・



これが現実。今までの慣例だった

なんか

憤りを感じる


どうして被害者遺族が報われるような判断が

行われてこなかったんだろう・・・って



そういう意味でも今回の死刑判決が

今後の犯罪抑止力につながる一歩であってほしいと思う



本村さんが顔を出し、会見で発言することで


私は、真剣に事件の事を自分なりに考えるコトができた

最愛の人の命を突然奪われてしまう

恐怖や悲しみを想像する機会をもらえた

それによって人を殺すと言う罪の深さも考えた


きっと多くの人がこの一件から

いろいろ感じ取っただろう


でも彼のこれまでの努力を無駄にしないで欲しいと思う

有名人で終わらせないであげて欲しいと思う


報道番組も、局によって伝え方が違うってTVみてて思った

作為的な質問で引き出したい答えを導き出すことだってできるのが

マスコミ

伝え方一つでがらりと印象は変わってしまうんだから


ちっぽけだけど

私なりに主張してみた

いつか世の中が変わっていくと信じて

どうしても言いたかったんだっ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック