ケジメ☆

どうしても伝えておきたい話があった。


彼といると何もかもが楽しくて、

何でも許してくれる優しい彼


でも

私は迷ってた。

結婚することも、7月にはもう、入籍してしまうことも。


本当に私と結婚していいんだろうか?




根本的な理由は、私が信心していることだった


付き合うときから度々、説明してきていて

それなりに彼も理解してくれてる。


でもそれは表面的なものだけだった。

彼のためというよりも、ほとんど自分に言い聞かせるような

私が信心を続けるに当たっての約束事項のようなものを

書面で作成することにした


何度も精査して、言葉を選んで作った。


そしてその手紙というか、声明文を彼に渡した。


一瞬にして顔色が変わって

真剣な顔で、一文字も見逃さないように丁寧に読んでいた。


すごくドキドキした。

照れくさいのと不安から、返答を待つ時間がとても長い


読み終わると、ゆっくりと彼は話した

結論は、問題にしていないだった。

やるやらないはorichihiが決めることで、そこに干渉するつもりはない。

辞められないんだからしかたないよ


と言うのが彼の意見。

ただ、

私一人が皆とは違う意見を持ったときに、

主張が通る団体や環境に無い場合の事を心配しているとの事だった



それは私も同感。

入籍した後の環境を、私は怖がってた


その後も、私の宗教に対しての意見、私のやっているSGIという団体に対しての考え

彼と真剣に対話した。

私は満足だったし、安心した。

私の話をきちんと聞いてくれたこともうれしかった


そして聞いてみた

彼のお母さん達にも話したほうがいい?

言う必要は無いと思うよ。言わなかったからってそれを責めたりする筋合いの話でもないし

私もそれでいいと思った。

私の母と弟は知ってるが、父には話していない。


ニュースで、カルト教団が教団に背く発言をした女性を集団で(女性の家族も含まれてた)

リンチの末死亡させた、という報道が耳に新しい。


そうすると「宗教」(あまり知らない名前の)=「殺しも平気でやる集団」

と単純にインプットされる。

まだまだ日本は「皆と同じだと安心する」心理が働きやすい

私もそう感じる出来事を目にすることも多く、悲しい。



SGIの中にいる人も、外にいる人もなんら根本は変わらないんだよ。

みんなたかが人間だって♪

出家したからって、入信したからって、地位が上がったからって

突然仏のような心を持ったり、賢くなったり、偉くなったりはしないよ☆


そのことを十分に、我々人間は

心得ておくべきだと思う



って、私は誰にはなしてんだろ??

みなさん、けっして変になったんじゃありませんよっ



ただただ、ホントにもう

そろそろ平和になりませんか?

あらゆる論争とか、戦争とか、救助よりも面子を大事にしたい国とか

弾圧とか・・・・

いい加減、嫌になりました。そういうの

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック