クーリングオフってキタ!!

ついさっき、クーリングオフをしてきました。

初めての経験です。


実は、

私達9月に一緒に住む予定なんで、物件探してるんです。

そんな時、家のポストに「公共賃貸住宅代行」というチラシが!

普段は中身を見ずに捨ててるものだったけど

見てみると

・高収入でも入居可!
・1LDK、3万円~
・都心の駅から徒歩3分の物件


の文字。

節約とか貯金に頭がいっぱいだった私は

その甘い誘惑に誘われて資料請求をしました。


私、都営住宅は知ってた。

祖母も住んでたし、家賃安いって言うのも聞いてて

ただ、収入がすくない年金生活の人しか住めないっていう事も。

それに似たような物件ででも収入が普通にあっても良いなんて!いいじゃん♪

という理由から。


すぐにその会社から連絡があり電話での簡単な説明がありました。

どちらかというと一方的なシステムの説明。

実際に住めるのは年に何回かある抽選に当選した場合、

先着順の物件の場合でちゃんと内見もできるし、

気に入らなければ断ることもできる

私はデメリットがあんまり無いという印象だった。

電話の最後のほうでお金についての説明があり、

敷金が家賃の3か月分で出るときは返ってくるとか。

あと、手数料を頂くとのことだった。それについての資料を

書類で郵送するってことだった。

私は担当者の人がとても早口で

メモを取ることに必死だった。

まあ後日届く資料見て、彼にも判断してもらって

怪しければ、手数料も払わず、ほっとけば大丈夫だろう

って思ってたの

でも昨日その資料をみて驚き!

だって、すでに登録が完了いたしました。という文面で

振込みについての説明書きがあって、証明書が同封されてたんだもん!


どうやら登録料を先に払って物件の紹介を受けるシステムらしい

ただ、しっかりと解除方法の載った規約もあり、

”クーリングオフ”が使えるともかいてありましたのさ。


ふぅ、期限は8日以内。

4/18に投函されてたので4/26まで送らないといけないわけで

焦って彼にも相談メール送った

¥39800払ってまでここで物件探してもらう価値あるか

聞きたかった。

私ひとりでは頭に血が登ってて冷静な判断できそうに無かったし

そしたらすぐに電話がかかってきた。心配だったんだね

彼の助言もあって、ネットで書き方を探し、さっき無事郵便局にて

”簡易書留”という方法で投函完了しましたっ!


はぁ疲れた。

でもさ、体験してみての感想は

思ってた程難しく無かったよ!

特別な書類はいらないしね。

私はハガキに書いたし。

簡易書留は¥350の料金でできます。

コレは日付がつくの。つまり証拠が残るって事。

8日以内という期限があるので。

少しでも参考になれば、と思って・・・。

私は、これから、これ以上のトラブルが無いように祈ります。

"クーリングオフってキタ!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント